PCやiPadにも!SMARTCOBY PROが買って良かったモバイルバッテリーNo.1かもしれない【CIO】

モバイルバッテリーって沢山種類あるし、「コンビニや最悪100円均一でもその場しのぎで買えばいいや」って数年前までの筆者は思ってました。

ただ、段々とスマホでできることが増えてくるとやはりバッテリーの消費が気になるようになりますし、モバイルバッテリーも一緒に持ち歩いていれば電池切れのストレスから解放されることに気づきました。安く済ませたい気持ちもありますが、充電速度や劣化を考えるとしっかりしたものを選んだ方がコスパが良いってことでなるべく厳選して購入してるつもりです…笑

もし、これからモバイルバッテリーを買いたい、新調したいと考えている方にピッタリのモバイルバッテリーを購入しましたのでこの記事で紹介しようと思います。「コンパクト」「見やすい」「30W出力対応」「パススルー対応」なので新型iPad AirやMacbook Airなどにもピッタリ!

現環境では間違いなく満足できる性能なので気になる方はぜひチェックしてみてください。

CIO SMARTCOBY PRO-30Wはこんな特徴

CIO SMARTCOBY PRO-30Wは「必要な機能を”まるっと”搭載した」モバイルバッテリーです。

これ以上ないだろってくらいコンパクトな筐体はカードと比較されるほどで、携帯するにはとても都合が良いです。

CIO SMARTCOBY PRO-30Wの特徴を一覧で確認する

  • 最低限必要な10,000mAh容量
  • 最大出力が30 WなのでMacBook Airの充電も急速充電できちゃう
  • 持ち運びやすいサイズ感
  • 残量表示や、2台同時充電、パススルー機能など使いやすい機能を搭載
  • スタイリッシュなデザイン

クリックすると詳細にジャンプします

クラウドファンディングでは、支援額2,190万円、支援者5,000人を達成するほど性能には魅力が溢れています。

最低限必要な10,000mAh容量

SMARTCOBY PROはコンパクトさがウリのひとつとなっていますが10,000mAhと、最低これくらいは欲しいよなってくらいの容量を持っています。

10,000mAhの目安

めちゃくちゃコンパクトなサイズでありながら10,000mAhを搭載した本機。

「SMARTCOBY PRO-30W」1台で様々なデバイスの充電に対応しており、オフィスワーク、カフェ、テレワークなどで普段とは違う場所で作業する際の電源役として手軽に使えるのが魅力です。

最大出力30WだからMacBook Airの充電も急速充電可能

急速充電規格(PowerDeliverry / QuickCharge / PPS)に対応しているので、MacBook Air(M1)やiPad Pro 11インチなどへの30W充電に対応しています。さすがにPCをフル充電できるほどの容量はないのですが、10,000mAhだと半分ほどの充電が期待できるのでその場しのぎ的には問題なく使用できるでしょう。

あと使ってて感じたのですが、バッテリー本体への充電が非常に早いです。

調べてみると、SMARTCOBY PRO本体への充電(蓄電)は20W入力に対応しているので、残量0%状態から約2.2時間でフル充電が可能とのこと。中々早くてびっくり。

持ち運びしやすいサイズ感

このモバイルバッテリーを語るにはまずこのサイズ感の他にないでしょう。

そもそも30W出力以上に対応したモバイルバッテリーが少ないんだけど、それらと比較しても圧倒的にコンパクトなサイジング。軽くて、すっきりしたフォルムで持ち運びや収納がしやすいモバイルバッテリーとなっています。

航空機への持ち込みも問題ないので、出張や旅行にも最適化されたモバイルバッテリーと言えるでしょう。

残量表示や2台同時充電、パススルー機能など使いやすい機能を搭載

デジタル表記の残量表示パネル

モバイルバッテリーを使う上で気になるのは”バッテリー残量がどれくらいなのか”を気にすることが多いです。SMARTCOBY PRO-30Wには残量表示パネルが搭載されており、1%単位で確認することができますのでモバイルバッテリーを使おうと思ったら残量不足だったとなる前に蓄電をしておこうと思うようになりました。

2台同時充電が可能

SMARTCOBY PRO-30Wには、USB-CとUSB-Aの2ポートが搭載されているので2台までの同時充電が可能です。

2台同時充電時には出力は落ちてしまうので、PCへの充電時にはおすすめしません。

ワイヤレスイヤホンやiPhone、iPadなど細かいデバイスの組み合わせで利用するといいでしょう。

パススルー充電に対応

本機は、スマホに充電しながらモバイルバッテリーへの蓄電も可能なパススルーに対応しています。

パススルー使用時の出力が公開されておりませんでしたが、急速充電には期待できませんのでその点は注意が必要ですね。パススルーが搭載されていると利便性が上がることもありますので、搭載されていることはメリットとして捉えて良いと思いますよ。

スタイリッシュなデザイン

SMARTCOBY PRO-30Wはシンプルなデザインでめちゃくちゃスタイリッシュ。

装飾も少なく、ブランドロゴも控えめなのでわざわざ使いたくなるようなデザインですよね。

CIO SMARTCOBY PRO-30Wの主な製品仕様

SMARTCOBY PRO-30Wの製品スペックは以下の通り。

製品画像
製品名SMARTCOBYPRO-30W
入力(USB-C)5V=3A / 9V=2.22A / 12V=1.5A(PD3.0)
出力(USB-C)5V=3A / 9V=3A / 12V=2.5A(PD3.0) / 3.3-6V=3A / 3.3-11V=2.7A(PPS/QC4+)
出力(USB-A)4.5-5V=5A / 9V=3A / 12V=2.5A(QC3.0/SCP/S-VOOC)
パススルー充電対応
バッテリー容量10,000mAh
サイクル回数約500回
保護機能過充電保護 / 短絡防止 / 温度保護 / 過電圧保護 / 過放電保護 / 過電流保護
製品サイズ約77 x 56 x 26mm
重量約183g
付属品本体 / 取扱説明書(日本語) / 充電ケーブル(Type-c to Type-c)PD対応 約0.5m
リンク詳細を見る

CIO SMARTCOBY PRO-30Wの外観・サイズ・重さ

それでは、SMARTCOBY PRO-30Wのレビューを行なっていきます。今回、筆者が購入したのは新しくカラーラインナップに追加された「ホワイト」です。

外装はこんな感じ。

シンプルな外装で、初販時のパッケージから変わってますね。イラストで表示されたパッケージはあまり商品イメージが湧きません。

パッケージ内容

  • SMARTCOBY PRO-30W本体
  • 取扱説明書
  • 充電ケーブル(Type-c to Type-c:0.5m)

この手の商品に付属するケーブルはType-A to Type-Cが多いので個人的には嬉しいですが、普段からType-C対応の充電器を使用していない人は別途購入して用意しておく必要があるので注意が必要です。

しっとりとした質感の本体は、とても持ちやすいです。ホワイトは指紋が目立たず、汚れもすぐに落とせるのが良いですよね。

逆に、背面は何のデザインも施されておらずシンプルそのもの。

バッテリー残量が1%単位で確認できるパネルは見やすくてとても便利で役に立ちます。製品名もグレーでシンプルに表示されているのでデザイン性も良いです。

側面には細かい製品仕様などの表記や、各種マークの記載がされています。

各ポートは同一サイドに集中しておらず、反対側に備わっている仕様でした。バッテリーへの蓄電はUSB-Cポートを使用します。

各ポートの充電規格

・入力(USB-C):5V=3A / 9V=2.22A / 12V=1.5A(PD3.0) 最大20W

・出力(USB-C):5V=3A / 9V=3A / 12V=2.5A(PD3.0) / 3.3-6V=3A / 3.3-11V=2.7A(PPS/QC4+) 最大30W
・出力(USB-A):4.5-5V=5A / 9V=3A / 12V=2.5A(QC3.0/SCP/S-VOOC) 最大30W

よく比較されるカードサイズとの比較です。ほぼ変わらないサイジングは本当に便利だと感じます。

最大30W出力に対応しているのにこれだけコンパクトなのはそれだけでも優秀ですよね。

SMARTCOBY PR O-30W サイズ

サイズ:約77 x 56 x 26mm

重量の実測値は175gとなっていました。コンパクトさをウリにしているモバイルバッテリーとしての限界点はこの辺でしょう。大体他のモバイルバッテリー10,000mAhはこれくらいの重量です。

SMARTCOBY PRO-30Wの使い勝手について

30W出力を活かしてPCへの充電も行えます。

PCの充電残量が85%時でしたが、約22Wの出力が確認できました。使用PCはLenovoのThinkPad x13です。

普段はiPhoneなどのスマホの充電に使うことが主になるかと思いますが、同様に問題なく充電できました。

USB-CとUSB-Aポートの2つを使用すれば同時充電も行えます。

いざというときに2台同時充電ができると都合が良かったことも結構ありますので便利だと思います。ただ、急速充電には対応していないようでしたので早く充電したい時は、1台で充電した方が良いかもしれません。

また、パススルーに対応していますので、「電源→SMARTCOBY PRO-30W→iPhoneなどのデバイス」のように接続するとデバイスに充電しながらモバイルバッテリー自体への蓄電も同時に行うことができます。

こちらも急速充電には対応していませんので、就寝時など比較的時間がある際に使うことができるでしょう。

CIO SMARTCOBY PRO-30Wの「良かった点」「気になった点」

購入してからこの記事を作成するまでに3ヶ月以上使っていますが、実際に使用してみて感じたことを書いておきます。

良かった点

・コンパクトでカバンやポーチの中でも嵩張らない。
・バッテリー残量管理がしやすい。
・30W出力が非常時に役立つ。

コンパクトさが目立つ本機。カバンやポーチに入れて普段は持ち歩いていますが、嵩張らずにコンパクトに持ち運べるのがとても便利に感じます。

重量はそこそこ(普通)ですが、10,000mAhは欲しいのでコンパクトさの方が個人的には評価が高いです。また、PC作業したいのにバッテリーが無い時にも少しの間ですが電源役になってくれるので何度救われたことか…30W出力にはとても安心感を覚えました。

気になった点

・欲を言えばもう少し薄さが欲しい…

強いて挙げるのであれば、「薄さ」が欲しかった…コンパクトはありますが、薄くは無いのでポケットに入れて持ち歩くような気にはなれません。もう少し技術の進歩を待つ必要がありますね。

CIO SMARTCOBY PRO-30W購入者の口コミや評判

それでは、SMARTCOBY PRO-30W購入者の口コミや評判についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。(引用元:Amazon)

総合評価:(星4.4)

口コミ・評判

コンセント内蔵であれば神だった!

星4.0

最小モデルというだけあって確かに小さい。
けれどもだいぶ重い!!

これでコンセント内蔵タイプであれば本当に素晴らしい商品だった。
そこで星-1です!


コンパクトでパワフル

星4.0

手のひらサイズで容量も多いのは良い。
ちょっと出かけるときに持っていくのもラク。
PDの入出力があるので、充電時間は非常に短くてすむ。

当方はキャンプの際にLEDランタンの電気不足を補うために主に利用。
LEDランタンにつなぎ、一緒に天井からぶら下げているが重さも、邪魔にもならないので良い。
低温の環境では液晶が変になった(0度近い)がちゃんと充電できた。また、気温が戻れば液晶もちゃんと表示されるようになった。


type-Aの方がPCに充電できた

星4.0

ONEMIX3を外出時に充電する目的で購入。最初Type-Cでは充電できなかったが、Type-Aならば問題なく充電できた。普通は逆のはずですが結果的に充電できたので満足です。小型で持ち運びやすいのも良いです。30Wの小型のモバイルバッテリーが少ないので貴重な存在だと思います。


思ったより?

星3.0

思っていたより重かった。
携帯にするには?
後は良かったです。


スペックは申し分なし。唯一の懸念はQuick Charge規格対応。Qualcomm社のリストに記載なし。

星3.0

SMARTCOBYは、CIO社のモバイル・バッテリー・ブランドです。Pro 30は同ブランドの新製品で、次の特徴があります。

・LED付き小型ボディ(2.6 x 7.7 x 5.6cm、183g)
・パススルー充電対応
・最大出力30W
・QC (Quick Charge)対応

後述しますが、QuickCharge対応については、規格として厳密にサポートしているのかが疑問でした。急速充電は入出力双方のバッテリーに高負荷を与えます。バッテリー・ライフの維持を優先するならば、Qualcommの対応リストに掲載されている製品をお勧めします。

それぞれの特徴について、順番に情報共有いたします。

1.LED付き小型ボディ
容量10000mAhと比較的大容量でありながら、本体サイズは、厚さ2.6cm、縦横7.7 x 5.6cmと、片手に収まる大きさです。
LEDで電池残量が%表示されます。蓄電(バッテリーへの充電)、充電(接続機器への充電)ともに、リアルタイムに数字が変動します。急速充電のon/off状態も、このLEDに表示されます。
普段、意識するものではありませんが、ふと目にしたときに状態が分かるのは便利です。

2.パススルー充電対応
Type-C、Type-Aポートを、それぞれ1つ装備しています。Type-Cは入出力対応ですが、Type-Aは出力のみです。従いまして、パススルー充電での接続は、次の構成に限定されます。パススルー接続でType-C側へ充電することはできません。

[電源]—>Type-C端子>—[バッテリー]—>Type-A端子>—[充電機器]

3.最大出力30W
この仕様は、Type-A、Cポートのいずれか一方のみに対する、12V、2.5A=30W出力を意味しています。
Type-A、Type-Cポートの両方を用いた同時充電の場合、1ポート当たりの最大出力を18Wとして、2ポート間で出力が調整されます。

4.Quick Charge対応
パッケージなどではQC (Quick Charge)に対応していることになっていますが、Qualcomm社の対応デバイスリストには記載されていません。厳密に言えば、規格に対応しているわけではないことに注意です。善意に解釈すれば、規格が求める仕様に応じたスペックを備えていると推察します。
Qualcomm社の対応デバイスリストを確認したい方は、次のキーワードで検索すると良いでしょう。
「”qualcomm quick charge faqs”」

あくまでもQC3.0、4+に対応している前提では、充電先の接続機器もQC3.0、4+に対応している必要があることには注意です。QC3.0、4+は、必要に応じて切り替えられますが、QC2.0対応機器の場合、USB接続充電(5.0V供給)になります。QC3.0、4+の充電はできません。
QC2.0対応機器への充電がUSB仕様に変わるのは、バッテリーの制約ではなく、Quick Chargeの仕様です。本当にQuick Charge規格に対応しているならば、その通りに動作するはずなのです。


スマホ・タブレットのモバイルバッテリーとしては最高峰

星5.0

30W 出力なのでスマホはもちろん iPad Pro のようなハイエンドタブレットの急速充電にも対応できます。このスペックでこのサイズ・重量感は最高ですね。マットな質感も気に入っています。

バッテリー容量の 10,000 mAh にも嘘はないと思います。手元の Pixel 4a (3,140mAh) を 2 回はフル充電できそうです。他の方のレビューにもありますが 10,000 mAh は蓄電容量です。充電時に効率 100% を実現することは不可能で多少の損失があるため、この製品に限らず充電できる容量は絶対に蓄電容量よりも少なくなります。例えば、充電中にモバイルバッテリーやスマホ本体が暖かくなるのも損失の一部です。これを完全に回避することはできません。また、スマホの電源を ON にしたまま充電している場合に、当然充電しながらも電力を消費していますので容量を余計に消費します。これもこの製品の欠陥ではなく、当たり前の挙動です。

唯一残念だったのは充電中にバッテリー残量の表示をオフにできず、眩しいことです。就寝中に充電することが多いため、正直鬱陶しいです。とはいえ、これは置き場所・置き方の工夫やシールなどで回避できる問題なので☆5として評価させていただきました。将来の製品では改善していただけると良いですね。

PCへの充電は一部デバイスでの注意が必要なようです。30W充電は12Vに対応したデバイスのみに対応しており、15Vや20Vでないと30W充電ができないデバイスへは対応していないようです。

CIO SMARTCOBY PRO-30Wのレビューまとめ

この記事では、CIOの大人気モバイルバッテリー「SMARTCOBY PRO-30W」のレビューを行いました。

コンパクトさとパワフルさを兼ね備えたモバイルバッテリー。機能においては、これ以上のものは現状存在しないと感じるほど備わっています。

何より洗練されたデザインもまた良き…これまで様々なモバイルバッテリーを購入してきましたが、間違いなく1番良いなと感じたモバイルバッテリーです。30W出力なので、ノートPCへのモバイルバッテリーと考えがちですが、10,000mAhしかありません(実際容量はもう少し少なくなります)のでタブレットやスマホへの充電がメインになることでしょう。

最低限を兼ね備えて一番使い勝手の良いサイズ感に落とし込んだことで多くのユーザーに”ハマる”そんなモバイルバッテリーだと感じました。

モバイルバッテリー選びにお悩みの方、ぜひ参考にしてみてください。

今回は以上、それではまた!!

FOLLOW ME !