ミニメモ運営”たついち”がお届けする、デスク周りで活躍するガジェットやインテリアについて紹介しています。

PITAKA 「MagEZ Case Pro 3」レビュー|全面保護で安心感がUPしたiPhone Proシリーズに相応しいケース

以前ご紹介したPITAKAの「MagEZ Case 3」。薄くて軽い付け心地と、カーボン調の非常にスタイリッシュな外観がブラック好きには堪らないケースなんです。

関連記事

新型iPhone登場から毎年恒例のケース選び。スマホはiPhone一筋な筆者ですが、ケース選びにはいつも悩みます。 本記事では、お世話になっているPITAKA様からiPhone14 Proのケースのレビュー依頼を頂きましたのでレビュ[…]

不満点というほどではないんですが、ボタンやスピーカー部分が切り抜かれているので、指紋汚れや傷付くのがちょっとした不満点だったかもしれないんですよね。

今回、PITAKAさんから「MagEZ Case Pro 3」を送ってもらいましたので、「MagEZ Case 3」と比較しながらレビューしてみたいと思います。

PITAKAのケースを気になってるけどどっちがいいんだろうなんて悩まれている方の比較参考になれば幸いです。

良かったら最後までご覧ください。

PITAKA「MagEZ Case Pro 3」レビュー

「MagEZ Case Pro 3」の外観をチェック

さっそくですが、「MagEZ Case Pro 3」の外観をチェックしていきましょう。

環境に配慮したエコパッケージ

100%分解可能なバガス再生繊維パルプを使用したパッケージ

iPhone14シリーズ向けに作られたPITAKAのケースに使用されているパッケージは100%分解可能なバガス再生繊維パルプを使用しており、水溶分解できる素材だそう。6ヶ月以内に分解可能な素材を使用しており、環境に配慮したパッケージが特徴です。

パッケージ内容

パッケージ内容

・MagEZ Case Pro 3本体
・クイックスタートガイド
・ミニカタログ

形状を確認する

「MagEZ Case 3」のようにカラー展開はなく、”ブラック/グレー(ツイル)柄”のみ。これだけとは言ってもこの柄が一番良いし、もはやこの柄を見るとPITAKAだって分かるほど馴染んできた感はありますよね。

スピーカーホール部分 / 音量ボタン部分

スピーカーホール部分や、ボタン周りを見ていただくと分かりますが、前面保護タイプのケースになっています。側面も保護されていることでケースとしての安心感が高まりますよね。

アラミド繊維とTPUが一体成形された側面

ケース側面部分とカメラ周りにはTPU素材が使用されているんですが、アラミド繊維と一体化してました。TPUとの接続部の隙間が全くなく滑らかに一体化されています。

背面のみにアラミド繊維が使用されているのではなく側面まで使用されているので持った時の手触りに大きく影響すると思われます。

MagSafeアクセサリーにも対応したケース

いろんなMagSafeアクセサリに対応するために、本製品はマグネットが内蔵されています。

がっちりホールドしてくれるPITAKAのケースはMagSafeとの相性は抜群と言っていいでしょう。

サイズ・重量

サイズ(実測値)
15.1×7.5×1.1 cm
重量(実測値)
約33g

「MagEZ Case 3」との比較

PITAKAの「MagEZ Case 3」と「MagEZ Case Pro 3」、正直どちらを選べばいいか分からない方に違いを比較してみようと思います。

関連記事

新型iPhone登場から毎年恒例のケース選び。スマホはiPhone一筋な筆者ですが、ケース選びにはいつも悩みます。 本記事では、お世話になっているPITAKA様からiPhone14 Proのケースのレビュー依頼を頂きましたのでレビュ[…]

形状の違い

MagEZ Case 3 / MagEZ Case Pro 3

一番の違いは形状です。「MagEZ Case 3」は側面が切り抜かれたタイプに対して「MagEZ Case Pro 3」は側面も全面保護できるケースになっています。

iPhone 14Proはその仕様上、どうしても側面に指紋が付きやすいので側面が開いている「MagEZ Case 3」では結構汚れちゃって気になることが多かったんですよね。

「MagEZ Case Pro 3」では側面まで全て覆われているのでその心配はなく使用できるという点がメリットかなと感じます。

体感ほんの少し厚みを感じる

MagEZ Case 3 / MagEZ Case Pro 3

600Dアラミド繊維と1500Dアラミド繊維ということで、使用素材が若干異なる分ほんの少しだけ厚みを感じることができます。

繊維のきめ細かさも比べて初めてわかる程度ですが、違いとしてありますね。

ただ、全面保護タイプのケースとしては薄い方のケースだし、あくまで「MagEZ Case 3」と比較して厚いってだけ。

重量の違い

MagEZ Case 3 / MagEZ Case Pro 3

重量についても意外と大差ありませんでした。比べるとなんとなく「MagEZ Case Pro 3」の方が重いかなと思う程度でした。

そもそもどっちも軽いな。

カメラ周りの違い

MagEZ Case 3 / MagEZ Case Pro 3

カメラ周りのデザインも若干違いますね。「MagEZ Case Pro 3」の方が境目がなく、滑らかなデザインになっています。

カメラ部分より僅かにケースの方が高い設計になっています。滑らかなデザインなので包まれたように感じますね。

PITAKA「MagEZ Case Pro 3」使用感

所有欲満たされるデザイン

PITAKAのケースはカーボン調のツイル柄が大きな特徴です。もはやこの柄と言えばPITAKAだよねってのが相当浸透している気がするほど。米軍MIL規格を満たした頑丈さを持ちながら、デザイン性にも相当拘った本製品は、持っているだけでカッコよく感じられ、人に見せたいと思わせてくれるデザインは所有欲を満たしてくれること間違いなしです。

磁力が強くてMagSafeアクセサリーが安心して使える

本製品はMagSafe対応のケースですので、MagSafeアクセサリーを使用することが可能です。しかも、磁力がかなり強くガチっとホールドしてくれるので安心して使えるところは高評価に値します。

MagSafe対応であることで様々なMagSafeアクセサリーを気分で使用することができます。iPhoneを買ったら間違いなくMagSafe対応のケースにすべきですね。

また、同社には車載ホルダーなどのアイテムもありますので統一感を出した使用ができますよ。

ブラック系のiPhoneに合わせたい

本製品はブラック/グレーのツイル柄しかありません。別にiPhoneのシルバーのようなホワイト系を合わせてもかっこいいと思いますが、ブラック系でやっぱり合わせたいところ。

やっぱりこの製品はブラック好きな人の為にあるような製品かなと感じます。

指紋や汚れは避けられない

「MagEZ Case 3」を使用していた時から感じていましたが、皮脂汚れが結構目立つんですよ。拭いてもなかなか取れないし。また、MagSafeアクセサリーを使用しているとどうしても跡がついてしまうところもなんとかしたいところ。

ブラックだから結構目立つんですよね。手入れが少しめんど臭いのは個人的には合ってないんですよ。

この記事のまとめ

本記事ではPITAKAの「MagEZ Case Pro 3」のレビューを行いました。以前紹介したiPhone14シリーズ用の「MagEZ Case 3」の上位版という位置付けでスマホを全面保護し、細かいデザインの配慮がとても感じられるプロダクトだと思います。

ブラック系が好きな人は間違いなくハマると思いますし、iPhone 14Proシリーズのような高級スマホに使用するケースとしては筆頭候補としてもいいでしょう。

品質については全く問題ありませんのでガシガシこのかっこいいケースを使っていきたいですね。

今回は以上。それではまた。

FOLLOW ME !