ミニメモ運営”たついち”がお届けする、デスク周りで活躍するガジェットやインテリアについて紹介しています。

COFO Chair Premium|【機能てんこもり!】今注目を集める、ワークチェア界の新星をファーストレビュー。

リモートワークを導入する企業が増え、働き方がこれまでとは変わってきたなと実感している人はどれくらいいるのでしょうか。営業畑で仕事をしている筆者としては在宅ワークってのは中々の苦痛なんですが、オフィスワークが全てではないということだけはわかってきたような気がします。

そして当サイトの運営もそうなんですけど、在宅ワークだと長時間デスクに向かう必要があったので色々と作業環境を整えたのですが、ちゃんと環境を整えるとモチベーション的なところも含めて仕事の捗り方が随分と違うことが分かりました

ぶっちゃけリモートワークは解除になっちゃったので夜活や土日くらいにしかデスクに向き合わないのですが、もうちょっと快適な・かっこいいデスク環境を求めてワークチェアの入れ替えをそろそろ考えたいなとも思ってます。

ただね、リビングにデスクがあるのでデザインを重視するのか快適性を重視するのか…実際そう簡単に決められるものではなくて…正直迷って購入できずにいましたw

そんな筆者の元にCOFOさんからレビューのご依頼をいただいたわけなんですけど、豊富な機能性とデザイン性がこれまた良くて気に入ってしまいました!

というわけでご提供品ですが、「COFO Chair Premium」についてレビューをやっていきたいと思いますので気になっていた方のご参考になれば幸いです。

本記事でわかること

COFO Chair Premiumのファーストレビューを行います。短期使用の為、この記事では結論を出してません。予めご了承ください。

(感想はあくまで短期的なものであり、長期レビューは別で行いますので今しばらくお待ちください。)

COFO Chair Premiumの特徴やデザイン、感じたことを中心に書いていきます。

公式サイトリンクからの購入で5000円OFF

上記の「公式サイト」リンクから表示されるクーポンコードを使用して購入すると5,000円OFFとなります。

※当サイトにも一部バックがありますので良かったら使ってください。

7月下旬〜8月上旬 入荷予定分は4日で完売と驚異的スピード…

現在、9月下旬〜10月上旬の予約が開始されています。

COFO Chair Premium のデザイン

ワークチェアって長く座るものなので、人によってこだわるポイントが違うと思いますが、筆者は何よりもデザインを最初に見てしまう派です。

デザインが気になってその商品の詳細をチェックする人って筆者以外にも多いはず。

いつも座るものだし、それなりの価格を支払うわけですからデザイン的な妥協はしたくないものですよね。…というわけでまずはデザインを見ていきましょう!

こちらが「COFO Chair Premium」です。デザインはワークチェアとして非常に高い人気を誇る「Ergohuman Pro」のデザインとリンクするものを感じます。

これはもう比較されても仕方がないってくらいそっくり。背面が2つの構造に分かれた姿がそのものとしか言えん。

アルミ合金も雰囲気がギラギラしすぎることなく、高級感を出してくれるし、バランス良く使われているので見た目が良いですよ。

全面メッシュ貼り

「COFO Chair Premium」は座面・背面ともに全面メッシュ構造となっています。

通気性の良いメッシュ素材を使用することで長時間の使用でも蒸れにくく、暑い季節でも快適に座っていられます

お尻や膝裏の蒸れが気になる筆者としてはクッションタイプよりもメッシュタイプの方が好みです。

また、クッション素材と比較してヘタリにくいというメリットもあり、長く使用できそうですよね。

また、メッシュ素材だと奥が透けて見えることで狭い部屋でも圧迫感を感じにくいのもポイント。

ちなみに「COFO Chair Premium」のメッシュは張り感が少々強めな気がしますので骨張った人が使うと痛くなるかもしれません。

前から見たデザイン

ワークチェアらしい重厚感。ランバーサポートという機能があり、背もたれ部分は2つのパーツに分かれています。その為、スッキリしたデザインとは言い難いですね…

背もたれは上に向かって広がっており、比較的ゆったりしたデザインになっているのが特徴です。

後ろから見たデザイン

後ろからのデザインははっきり言って最高です。ごちゃごちゃしたフレームはなく、シンプルな見た目になる構造を採用しています。

「COFO Chair Premium」はフレームに樹脂が使用されていますが、アルミ合金も使用されているおかげでチープ感はなく、高級チェアに引けを取らない質感を感じました。

ネジ穴なども一切見えず、後ろからの美しさはすごい。リビングから見える位置にイスを置いてますのでこれに座って作業する俺カッコよくね?ってのが家族に見せられそうです笑

個人的には必要ないけど、「COFO Chair Premium」の文字も控えめ

座面のデザイン

座面部分を側面から確認してみましょう。前方に向かうにつれてのカーブ構造が太ももや下半身を圧迫しないような形状になっています。

ここにはクッション材が装備されているため、使用開始直後は反発感を感じました。これが使っていくうちにどのように変化するか気になるところです。

また、若干の蒸れ感を感じます。

レバーは3箇所。手を伸ばさずとも届く範囲にあります。

操作系のレバーは全て簡単に手が届く部分にあるので操作がしやすいですね。

比較対象となりそうな「Ergohuman Pro」はレバーひとつで操作できますが、「COFO Chair Premium」のレバーは3箇所に配置されています。

キャスターも静音で動かしやすい

キャスターにもしっかりとこだわりを感じられます。非常にスムーズに動くキャスターで静音性が高いので動かす音も気になりません。

傷がつきにくいようにPU素材のキャスターを採用していますが、イス自体に重量がありますので、念の為マットの上で使用した方が良いと思います。

使いたい人には嬉しいフットレスト

「COFOChair Premium」にはフットレストが標準装備になっています。

使いたい人には非常に嬉しいフットレスト。引き出すタイプのものですのでふた手間くらい必要ですが、フットレストを使ってゆったりと休憩できます。

作業の合間に動画を見たり、デスクで映画などを見る方はゆったりした姿勢で楽して鑑賞することができるようになっていました。

ヘッドレストのないデザインの方が好き

こちらも標準搭載のヘッドレスト。幅が広く余裕を持った仕様になっています。

3段階に角度を調整できるようになっていますので、こちらもリラックスしたい時に活用できそうですね。

ヘッドレストにはハンガーや吊り下げ用のフックが装着できるようになっています。

個人的にですが、作業メインでチェアを使用する方にはヘッドレストは不要だと思ってます。

「COFO Chair Premium」のヘッドレストは取り外しができるようになっていますので、いらなければ外しても良いんじゃないでしょうか。公式は安全面から装着を推奨していますが、構造上装着しなくても問題ないと判断しています。

Twitterでも絡ませていただいているツヨシさん(@24shi_web)もおっしゃってましたが、むしろ外した方がイス自体の佇まいが非常に美しい。きっとみんなもそう思うはず…!

COFO Chair Premiumの特徴

COFO Chair Premiumの製品仕様

COFO Chairには「Premium」と「Pro」の2種類のバリエーションが用意されており、価格的にも79,999円(税込)と39,999円(税込)で2倍の価格差となっています。

COFO Chair Premium

COFO Chair Pro

これだけの価格差があるので「Premium」の方が質感は圧倒的に良さそうです。実際に、使用している素材が異なるメッシュ生地や、フレーム、脚の素材に至るまで高級感が違います。

個人的にはアームレストや座面の奥行調整は欲しいところなので「Premium」一択だと感じます。

商品名COFO Chair PremiumCOFO Chair Pro
カラーブラック/ホワイトブラックのみ
ランバーサポート
ヘッドレスト2Dヘッドレスト2Dヘッドレスト
アームレスト4Dアームレスト1Dアームレスト
外寸幅66×奥行69×高さ115-122cm
座面高さ47-54cm
幅66×奥行68×高さ115-126cm
座面高さ48-56cm
座面寸法幅53×奥行48cm
奥行調整範囲:39-45cm
幅53×奥行50cm
奥行調整範囲:なし
ヘッドレスト寸法幅38.5×奥行16-19cm幅41.5×奥行15-18cm
脚寸法半径35cm半径35cm
キャスター寸法直径6.5cm直径6cm
フレーム素材PAエンジニアリングプラスチック
30%ガラス繊維
アルミ合金ADC#12
アイアン
ナイロン
ハンガー素材PAエンジニアリングプラスチック
30%ガラス繊維
ナイロン
張地素材プレミアム特製メッシュプロメッシュ
アームレストPU(ポリウレタン)
PAエンジニアリングプラスチック
30%ガラス繊維
PU(ポリウレタン)
ナイロン
シャーシ素材アルミ合金ADC#12アイアン
ナイロン
脚素材アルミ合金ADC#12アイアン
キャスター素材PU(ポリウレタン)PU(ポリウレタン)
シリンダー4級4級
重量26kg20kg
耐荷重135kg125kg
梱包重量34.1kg24.65kg
梱包寸法77×48×72cm76×42×58cm
商品企画Designed in JapanDesigned in Japan
製造Made in ChinaMade in China

本製品は、「Premium」も「Pro」も組み立てが必要となります。高級ワークチェアのように完成品の状態で送られてきませんのでその点は注意したほうが良いかもしれません。

ぶっちゃけ組み立ては非常に簡単なので心配する必要はないです。ただ「Premium」は梱包状態で34kgあるので違うフロアで使用されたい方は持っていくのにひと苦労だと思います。あと、梱包している段ボールの処理がめんどくさいですね。

4Dアームレスト

「COFO Chair Premium」のアームレストは4D構造となっており、理想に近いアームレストの位置に調整が可能です。

一般的には深く座った状態で、肩が上がらず肘を90度に曲げられる状態が良いとされています。

詳しくはYoutubeに詳しく解説をあげている方が多いのでそちらをご覧ください。

アームレストの上下の調整

アームレストの角度の調整

アームレストの前後の調整

アームレストの左右の調整

調整方法

アームレストの裏面にあるトリガーを引くことで高さ(上下)の調整ができます。

少し力を入れるとアームレストを直接動かすことができます(左右・前後・角度)。

ランバーサポート

COFO Chairは背面のランバーサポートが特徴の一つです。ランバーサポートは独立した構造になっており程よい反発が正しい姿勢へのサポートを行ってくれ、長時間座りっぱなしでの腰への負担を軽減します

腰全体を包むように支えてくれるランバーサポート

ランバーサポートの注意点

ランバーサポートは正しい位置に調整しないと腰下部への圧迫感から腰痛のような痛みを感じやすくなります。

また、ランバーサポートの位置(高さ)調整は座った状態で行うことができるのが「COFO Chair」ならではのポイント。

同じく、独立したランバーサポートの構造を採用している「Ergohuman Pro」は座ったままでの調整はできないのでこの点では大きなアドバンテージを持ちます。

フットレスト

「COFO Chair Premium」には標準装備にフットレストが用意されています。

引き出して

フットレストの高さを調整

デスクで動画鑑賞など、作業以外にイスに座ったリラックスの時間を過ごす方など、フットレストがあると非常にゆったりとくつろげます。

筆者はどちらかというとフットレストを使う機会は少なめ(むしろほぼ使わない…)だと思いますが、使うと確かにゆったりできました。

フットレストの幅も結構広いので余裕がありますし、使い勝手は悪くない印象です。

ヘッドレスト&ハンガー

フットレストとセットでぜひ使いたいヘッドレスト。

長時間の座りっぱなしでは腰だけではなく、首への負担も気になるところです。「COFO Chair Premium」のヘッドレストは高さと角度調整の機能を備えてますのでちょっとした休憩ではヘッドレストに頭を預けてリラックスできるでしょう。

幅広なヘッドレスト

3段階で調整可能

また、ヘッドレストの構造にはジャケットハンガーやバッグホルダーを取り付けることができます。

今回は自宅での使用となりますので必要性は全くありませんが、オフィスなど自宅ではない場所ではジャケットをかける場所に困らなくて済むのでめっちゃ良いかもしれません。

ジャケットハンガー

バッグホルダー

バッグホルダーも備え付けられますのでかける場所に困る問題や、床に放置しちゃう問題は解決しそうですよね。

ぜーんぶ込みで考えると圧倒的なコスパ

というわけで主な機能を紹介しましたが、「COFO Chair Premium」の販売価格は79,999円(税込)となっています。これでも個人的には高いな〜と感じてしまうのですが、これだけの機能を盛り込んだ性能を持っていることを考えると非常にコスパ性能が高いと思いませんか?

画像引用:公式サイトより

発売したばかりの「COFO Chair」シリーズということもあって、ワークチェア界の重鎮と言われるメーカー品と比べて”実績”という部分が足りませんし、企業としてもまだ若い会社さんです。

長期的に使用してみてから結論を出すほかありませんが、これから注目しておきたいメーカーであることに変わりはありません。

組み立ての注意点

「COFO Chair」シリーズは組み立て式のワークチェアです。高級チェアのように組み立て済での配送は用意されていないので届いたら組み立てる必要があります。

ただ、組み立て自体は非常に簡単で必要な工具はあらかじめ用意されてるし、ネジ止め箇所も少ないので30分もあれば完成します。

しかも作業時に床を傷つけないように使ってくださいってシートや作業用の軍手まで付属してきます。

作業後の軍手。予想以上に汚れます。

キャスターは「カチャッ」とハマる音がするのかと思いましたが、特にそんなことはありませんでした。重さできちんとハマってくれると思いそのままやってます。

ヘッドレストに付属するバッグホルダーはめっちゃつけづらかったです。筆者は特に必要性を感じませんでしたので今は取り外しましたが、取り付けには少々苦労しますね。

というわけで組み立ての注意点としますが、説明書も詳しく用意されていますし、動画も準備されています。一人での組み立ても問題ありませんでしたが、座面や背面部分は多少の重さがありますので組み立て慣れていない方はサポートしてくれる人がいたらあっとゆうまに完成できるでしょう。

丁寧な組み立て説明書

「COFO Chair」は日本向けの製品ということで説明書は全て日本語で明記されています。

組み立て説明書が別で用意されているのに段ボールにまで…!

めちゃくちゃ親切

ネジ止め箇所も少ない上、このように「どこに使う部品だよ」ってのがわかりやすく記載されていました。さすが日本向けの商品だなと実感。

使用初期のCOFO Chair Premiumの評価

クラウドファンディングサービス”Makuake”にて歴代6位となる2億円超えの応援購入総額となり、3337名の応援購入支援者を集めて大成功となった本製品。

一般販売が開始された現在は、約2週間で初回入荷分が完売し、【5月〜6月入荷分】も入荷前から完売するなど、注目度の高さを窺えます。

現在は【7月下旬〜8月上旬】の入荷予定分の予約が開始されています。数量が限られているようですが「とにかく評価が知りたいんだ」って方の為に筆者の意見と購入者のレビューを掲載しておきますので検討するのに参考にしてみてください。

7月下旬〜8月上旬 入荷分はなんと4日で完売だそうです!(驚異的…!)

9月下旬〜10月上旬 入荷予定分の予約が開始されていますので欲しい方はお早めに。

筆者の使用感レビュー

イスの評価は長期間使用してからこそだとは思いますが、初期の使用で感じた点について書いておきます。

良かった点

・めっちゃ機能的
・大きすぎないのにゆったり座れる
・蒸れない(個人的には大事なポイント)
・コスパ性能が高いと感じることができる
・佇まいが好き

気になった点

・ヘッドレストを装着しなければ付属のジャケットハンガーやバッグホルダーが使用できない。
・実績がないので長期的な使用ができるのかが不安

基本的には満足度の高いチェア。それは確実に言えると思います。

個人的な感想かもしれませんが、佇まいに美しさを感じることができますし、機能面においても海外チェアに引けを取らない完成度かと思います。座って実際に楽なのか、これから時間をかけて結論づける必要がありますが、現時点ではおすすめ度は高いです。

使用しながら体勢を変えたり、ランバーサポートの位置を調整できるなど、ユーザー目線で便利だと感じる機能にしているのは好印象。

組み立てが必要なチェアではありますが、誰でもわかるような説明書や組み立て用のマット、軍手など気配りまで感じられる商品です。

機能をフルで活用しなくても支払った価格に対して得られる満足度が高い点はコスパ性能が高いと言わざるを得ません。

まさにワークチェア界に現れた注目すべき新星とも言えるチェアだと思います。

その反面、若い会社であること、COFO Chair自体の実績がまだないことから不具合の報告も見かけます。サポート体勢は徐々に良くなることでしょうが、万が一の時に少し心配なところでもありますよね。

購入者の使用感レビュー

公式サイトに投稿されているレビューをピックアップしました。(引用元:公式サイト)

口コミ

やっとcofo chairと部屋が使える状態になりました!
仕事場兼dtmスタジオです笑
組み立てに苦戦したものの、土日
なのに翌日にはサポートにレスを頂いて完成。腰のサポートと足置きがめっちゃいいです!


連休でデリバリされました!
組み立てには少々コツがいりますが無事完了。
長く座っていてもお尻痛くならず、頭部までサポートされてるので快適!


普通のオフィスチェアは座り心地だったり通気性なんてのはどこのメーカーも当然こだわる。それは並の椅子。
でもプラスαで「cofo Chair Premium」は操作レバーがこの位置に付いてる事に意味がある。
変な体勢で昇降したりしないのがスマートだしストレス無くていい。


・とにかく快適に仕事が出来る
・腰のランバーサポートが最高
・座面が広く、あぐらをかける←重要
・メッシュ素材で蒸れないかつ優しい触り心地
・値段以上のクオリティ


cofo chair premium✨
リクライニングできなくて問い合わせたらサポートからすぐ返信あったし、良き!


web制作にガチで取り組むぞと意気込んで購入したグレード高めのチェアですが神でした。
以前は7000円のペラペラの椅子でしたが、これで効率もあがり、睡眠もできる。
ワイドモニターと椅子の投資は超がつくほどおすすめですね。

ちょっと心配していたサポート面について書いてあるものもありました。レスポンスが早くて好印象な意見が多いですね。

ランバーサポートが最高だとか、座り心地に満足しているレビューも多数見受けられます。

予算は限られているけど少しはこだわりたいという人にピッタリなのが「COFO Chair Premium」

イスにはお金をかけろって言葉はよく耳にするけど、有名どころのチェアは新品で10万〜20万。そんなの手が出ないよ。イス買ったら他の周辺機器も一緒にアップデートする予算がなくなっちゃう…

そんな悩みを抱える方って多いと思うんですよね。

かといって妥協しちゃうと腰痛を引き起こしてしまったり、作業に集中できないなど後々響く問題を起こしてしまう可能性もあるかもしれません。

中途半端なイスだと処分するのも困りますもんね。(体験済みw)

できれば予算を抑えたい!けどしっかりと性能の高いチェアが欲しい!そんな方にはぜひ一考してもらいたいチェアではないでしょうか。中古で高級ワークチェアを手にすることもありだと思いますが新品で使いたいなどどーしようもないわがままちゃん達にはこの「COFO Chair Premium」をぜひ体験してもらいたいですね。

COFO Chair Premiumをお得に購入する方法

座り心地など、この記事では本質的なところには触れていませんが、長期的に使用してみて改めて記事にしたいと思いますのでお待ちください。

ひとまずこの記事を見て気になってしまった方、筆者としては嬉しいですが、Youtubeなどでのレビューも見てみると良いでしょう。買っちゃおうという気になってくれれば当サイトからの割引コードを使ってくれると励みになります。

公式サイトリンクからの購入で5000円OFF

上記の「公式サイト」リンクから表示されるクーポンコードを使用して購入すると5,000円OFFとなります。

※当サイトにも一部バックがありますので良かったら使ってください。

FOLLOW ME !